PRECIOUS...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真 4000形

今日は久しぶりに、gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真をアップしたいと思います。

今日アップするのは、晩年は地味?な存在で、さよなら運転も無くひっそり消えた4000形の写真。


今や4000形と言うと千代田線乗り入れの4000形が真っ先に頭に浮かぶと思いますが、やはり我々世代の4000形と言うと釣り掛け・非冷房の4000形でしょう。

5+5の10連急行
1983-0604-4011-001.jpg
1983年6月4日 新百合ヶ丘~柿生

8M2Tの編成で釣り掛け音を轟かせた4000形の10連急行。
こんな列車で通勤出来たら・・・・
って思ったりしますが、夏場は非冷房だけに通勤・通学で利用する方々にとっては厄介な存在だったのかも知れませんね・・・・


単独の5連で各停運用に就く4000形
1982-0530-4006-001.jpg
1982年5月30日 鶴川

4000形の冷房・高性能化は5連から先に改造されました。
本線新宿口での5連運用はいつまで残ってたか定かではありませんが貴重な写真ですね。

4000形の5連は登場当時は3連でした。
5連化に際しMcのデハ4006のパンタが撤去されていますが、以前70年代の4000形の写真をアップした後に追加で頂いた写真の中にデハ4106+デハ4006の写真が含まれていました。

落成直後のデハ4106+デハ4006
1967-1011-4106-4006-001.jpg
1967年10月11日 逗子


来年3月のダイヤ改正で消滅する小田急顔。
最後の小田急顔の5000形・5200形が引退する時には恐らくイベントが開催されるでしょう。
華やかに最後を飾った2600形と違いひっそりと消えた4000形。

元を正せば小田急開業初期からからの車両を更新して誕生した4000形こそ盛大に見送って欲しかったと思いますが、今となっては・・・・

小田急顔が完全消滅する前に、今一度4000形を思い出して頂ければ嬉しいと思います・・・・


写真は全て、gtrtrain様提供。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/25(日) 23:59:59|
  2. 小田急(gtrtrain様提供)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真 2600形

1年ぶりの更新となってしまいました、gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真を公開するコーナー。
今日は引退から早7年が経過した2600形の写真を。


1983年春のダイヤ改正で他形式と併結されるようになった2600形ですが、各停の8連化前は各停・準急の主力で単独運用がメインでした。

準急運用に就く2655F
1982-0530-2600-2655-001.jpg
1982年5月30日 鶴川
上りホームには各停運用に就く2600形の姿も・・・・
上り列車の停止位置が今と違って、小田原寄りギリギリのところで停車しているのが確認出来ます。


同じく準急運用に就く2660F
1982-0530-2600-2660-001.jpg
1982年5月30日 鶴川


江ノ島線直通の各停運用に就く2672F
1982-0530-2600-2672-001.jpg
1982年5月30日 鶴川
現在では町田以東の各停・藤沢行きは設定されていないので、この場所での各停・藤沢行きは新鮮に感じますね。


回送で上がる2657F
1983-0604-2600-2657-001.jpg
1983年6月4日 新百合ヶ丘~柿生
写真のクハ2657は神奈川県消防学校で訓練用として残っているそうですね。


最後に準急で上がる2669F
1984-0804-2600-2669-001.jpg
1984年8月4日 新百合ヶ丘~柿生
この2669Fは、写真の前年に第2次フラワートレインに使用され注目を浴びた編成でした。


つい最近まで走ってたと感じる2600形ですが、冒頭にも書いた通り引退から早7年。
もう、ひと昔前の話になっちゃいますね。。。。
2600形を置き換えた3000形の登場から10年。
時代の流れはホント早いもんです。。。


写真は全て、gtrtrain様提供
  1. 2011/05/28(土) 22:19:10|
  2. 小田急(gtrtrain様提供)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真 2400形

今日アップする「gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真」は、小田急最後の中型車・2400形。

製造当時のホーム有効長が70mだった事と、M車の粘着重量を大きくするためにM車とT車の全長が違うユニークな2400形。


2481F 急行・相模大野行き
1981-0803-2400-2481-001.jpg
1981年8月3日 鶴川
後ろはFM系列。(一番後ろは前回の記事でアップした画像の2325F)
ちなみに、この編成の2400形の部分にFM系列が充当されれば、FM系列のブツ10になります。。。。



急行・箱根湯本/江ノ島行きの前4連運用に就く2487F
1982-0530-2400-2487-001.jpg
1982年5月30日 鶴川


同じく、分割急行の前4連運用に就く2451F
1982-0530-2400-2451-001.jpg
1982年5月30日 鶴川
共に後ろは9000形。
分割急行も懐かしいですね。


単独の4連回送で下る2481F
1982-0530-2400-2481-001.jpg
1982年5月30日 鶴川
この当時、新宿口の日中に中型車の4連運用が存在してたので、その運用の回送でしょうか???


この後、1982年夏のダイヤ改正で2400形に転機が訪れます。
箱根登山線内に大型車6連が入線可能になり、湯本急行が大型6連化され2400形が湯本急行から撤退する事に・・・

朝の準急運用に就く2483F
1983-0604-2400-2483-001.jpg
1983年6月4日 新百合ヶ丘~柿生
後ろの6連はパンタの位置からわかるように2600形。
1983年春のダイヤ改正から2600形が他形式との併結運転を開始しましたが、この頃の2400形は徐々に優等運用から撤退し始めた頃なので、2600形と併結している2400形の写真は貴重ではないでしょうか??


同じく朝の急行運用に就く2497F
1983-0604-2400-2497-001.jpg
1983年6月4日 新百合ヶ丘~柿生
後ろは5200形ですね。

手元に色々な資料があるものの、2400形が優等運用から撤退した正確な時期は不明です。
1984年に撮影されたロマンスカーの展望ビデオ(日中撮影)には優等運用に就く2400形の姿は映っていないので、恐らく優等運用に入ってたのはこの頃までだと思われます・・・・


写真は全て、gtrtrain様提供。
  1. 2010/06/03(木) 01:07:37|
  2. 小田急(gtrtrain様提供)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真 2320形

昨秋からすっかり放置してしまった「gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真」のコーナーを復活させたいと思います。。。。

今日アップするのは、FM系列最後の形式・2320形。

昭和34年に100円の座席指定券を取って運行される準特急用に4連2本が川崎車両で製造された2320形。

両開きのセミクロスシート車として登場したものの、昭和38年にNSEが登場し特急が増発され準特急は廃止に。
2扉でラッシュ時の乗降に不便と言う事や、HE車の増備に伴い6連増結車が不足した事から、登場から僅か4年で3扉のロングシート車に改造され、編成も4両編成から2両編成になりました。

晩年、本線の急行運用に就く2320形
1981-0803-2320-2325-001.jpg
1981年8月3日 鶴川~玉川学園前


2連化後の2320形は、同じく4連から2連化された2220形・2300形と共に、2200形グループ(FM系)として幅広く活躍しましたが、昭和59年までに全車引退しました。


多摩線で最後の活躍をする2320形
1983-0604-2320-2325-001.jpg
1983年6月4日 五月台~栗平


写真は全て、gtrtrain様提供。
  1. 2010/05/23(日) 23:59:59|
  2. 小田急(gtrtrain様提供)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真 2220形

今日アップする、gtrtrain様からご提供頂いた小田急の写真は、2220形です。

晩年、多摩線で活躍する2220形
1983-0604-2220-2221-001.jpg
1983年6月4日 五月台~栗平

2220形は昭和32年に4両固定編成で登場。
2200形や2300形で採用された湘南顔の2枚窓から再び貫通扉付きのいわゆる小田急顔に戻り、駆動装置も直角カルダンから平行カルダン(WN方式)に変更されました。

登場から僅か5年で2両編成が不足し昭和37年に2連化されましたが、この時に増設された運転室は2400形と同一設計なので前照灯は2灯だったため、、昭和43年から行われた前照灯の2灯化までは編成の前後で顔つきが違ってたそうです。。。。

1983-0604-2220-2221-002.jpg
1983年6月4日 五月台~栗平

2220形が2200形や2300形のように2枚窓で登場していたら、小田急顔の歴史は変わってたかも知れませんね。。。。
そう考えると、2100形までの貫通扉付きのスタイルで登場した2220形は、小田急顔を語る上で外せない形式の一つと言っても良いと思います。

本線運用に就く2220形
1982-0530-2220-2224-001.jpg
1982年5月30日 鶴川

写真は全て、gtrtrain様提供。
  1. 2009/09/14(月) 23:59:59|
  2. 小田急(gtrtrain様提供)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。