PRECIOUS...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小田急5200形・5267F離脱、全車解体へ・・・

先月下旬に運用から離れ予備車状態だった5200形・5267Fが、昨夜から今朝に掛けて相模大野へ回送されました。
現在、解体線には入線してないものの、既にクーラーキセ等外された状態で留置されています。

クーラーキセ等が外された5267F
090702-5267-001.jpg
2009年7月2日 相模大野

5267Fは1982年度(昭和57年)製造の、5200形最終増備グループの第8次車。

現在6連で残ってる5200形は一番古い編成でも5263Fの第6次車という事もあり、6連が廃車される時は4連化し、車令の高い5000形初期車を代替廃車にするのでは???
って思ってましたが、今回廃車された5267Fは6両全車が解体される模様。

4連化される事無く、全車解体される5267F
090702-5267-002.jpg
2009年7月2日 相模大野

5000形の最終増備編成は、1977年度製造の5065F。
現在3編成が廃車されている5000形には、第1次車の5053F・5054Fが今も尚現役。

5267Fを6連から4連化するにあたって、それなりの工事が必要となりますが、車令10年も差があるのですから無駄な工事では無い気がします・・・・・

しかし、4連化される事なく、5267Fを全車解体すると言う事は、来年度以降4000形(若しくは新形式)が大量に増備され、5000形・5200形を一気に淘汰する方向にあると考えた方が自然かも知れませんね。

今回の5267F全車解体は、長い歴史の小田急顔がついに最終章を迎えたと改めて思い知らされた結果になったと思います。。。。
恐らく明日には解体線に入線することでしょう・・・・・・

6連の5200形は残り6本になりました。。。。
6連単独運用の5200形もなかなか出会えなくなりそうですね・・・・・・


5267Fの未公開写真をアップしようと思いましたが、時間が無いので既に公開済みの写真ですが、6連単独運用に就く5267Fの写真を1枚・・・・・

080413-5267-001.jpg
2008年4月13日 読売ランド前
スポンサーサイト
  1. 2009/07/02(木) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。