PRECIOUS...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夏の中京貨物ロケPart2 炭カル・フライアッシュ

三岐鉄道・東藤原駅~衣浦臨海鉄道・碧南市駅間で運行されている炭カル・フライアッシュ輸送。
ホキ1000が使用される炭カル・フライアッシュは全国でもここだけなので、中京貨物の名物の1つと言えるでしょう。

そんな炭カル・フライアッシュ輸送。
JR区間は富田~稲沢~大府間。

今春のダイヤ改正で稲沢~大府間の担当が吹田のロクロクから炭カルはDD51、フライアッシュはEF64に。

DD51が牽引する炭酸カルシウム輸送・5580レ
110724-5580-51-893-001.jpg
2011年7月24日 熱田

関西線内の炭カルは深夜に運行され、フライアッシュも稲沢を19時過ぎに発車。
この5580レも朝早いので走行写真を撮れる期間は限られてしまいますが、DD51が牽引するホキ1000の走行写真を撮れるので要チェックといったところでしょうか・・・・
ちょっと前まで代走が多かったそうですが、最近はDD51に戻ったようで無事にDD51牽引の5580レを撮影出来ました♪


そしてフライアッシュ。
土曜日にロクヨンで運行されたので、代走期間が終了しロクヨンに戻ってくれれば・・・・・
って思ってましたが、1550レにはロクロクが。。。。
フライアッシュを撮影してから名古屋をあとにする予定だったので、予定通りに共和で5767レを撮影。

フライアッシュ輸送・5767レ
110724-5767-66-125-001.jpg
2011年7月24日 共和


ダイヤ改正前まで当たり前だった光景だけにちょっと残念な気もしますが、前日にロクヨン牽引のフライアッシュを撮影出来たので、現在では代走となるロクロク牽引を撮影出来たのは良かったのかも知れませんね。。。。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/31(日) 22:54:44|
  2. JR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏の中京貨物ロケPart1 ロクヨン牽引貨物

昨春のダイヤ改正でJR貨物所属のEF64が全て愛知機関区に集結しましたが、予備を含めても運用数をはるかに上回る配置で、昨年稲沢を訪れた時には0番台を筆頭に一部の1000番台も休車状態でした。
そんな状況だけに、今春のダイヤ改正では中京圏内での運用数が大幅に増えると噂されていましたが、噂通りに今春のダイヤ改正で中京圏内での運用が大幅に増え、以前から期待してた赤ホキ・フライアッシュがロクヨン担当に!

元岡山機の1050号機が牽引する赤ホキ・8784レ
110723-8784-64-1050-001.jpg
2011年7月23日 稲沢~尾張一宮

元岡山機の1050号機は今回が初撮影。
以前から気になってたこの場所で、赤ホキを牽引する1050号機を撮れただけでも、稲沢から炎天下の中この場所まで歩いた甲斐がありました♪


そして、最近はPFやロクロクの代走が目立つフライアッシュ。
この日、1550レを確認して無いので祈る思いでフライアッシュを待っているとロクヨンの姿が!

原色の1019号機が牽引するフライアッシュ・5767レ
110723-5767-64-1019-001.jpg
2011年7月23日 大高
代走が続く中で所定のロクヨン牽引を1発で撮影出来たのはホント運が良かったと思います。


多治見貨物がロクロクの代走が目立ち、春日井貨物はロクヨンの代走が目立ち中で、春日井貨物はロクヨンが代走。
春日井貨物の代走に入った1002号機
110723-670-64-1002-001.jpg
2011年7月23日 清洲

赤ホキ・フライアッシュ・春日井貨物、全てロクヨン牽引で撮影出来たのでホント良かったです。


重連総括の西線運用・81レ
110723-81-64-1036-1037-001.jpg
2011年7月23日 清洲


夏場の暑い時期だけに、土休日は西線の石油輸送は運休が目立ちます。
日曜日、新幹線ホームから広島更新色+原色牽引の5885レを目撃した時は凹みましたが、とりあえずコンテナだけでも重連総括のロクヨンを撮影出来ました。


中京圏内での運用が増えた事で、名古屋以東の東海道線内でも定期運用でロクヨンを撮影する事が出来るようになりました。

1003号機が牽引する1554レ
110724-1554-64-1003-001.jpg
2011年7月24日 熱田

今回は土日の2日間のみだったので思うように撮影が出来なかっただけに、近いうちに平日を絡めた中京貨物ロケを行いたいと思っています。
  1. 2011/07/26(火) 23:56:50|
  2. JR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

三岐鉄道80周年感謝まつり

この週末、開業80周年を迎えた三岐鉄道で「三岐鉄道80周年感謝まつり」が行われました。

23日は保々車両区・24日は西藤原ウィステリア鉄道で開催されたイベントでしたが、私は初日の保々会場のみ参加する事にし土曜日に三岐鉄道へ。


80周年を記念して8月末まで運行される、ギャラリートレイン「さんぎミュージアム号」
110723-sg101-001.jpg

このあと転線してホームで記念列車の出発式が行われました。


初日の会場となった保々車両区では、車両の展示をメインとしてグッズ販売や様々な企画。

運転台を開放した801系
110723-sg801-001.jpg

最初は方向幕が「大安」表示でしたが、気がつくと「JR富田」に!
「大安」表示も新鮮でしたが、以前から記録したかった「JR富田」表示を撮る事が出来ただけでも行った甲斐がありました♪

そして、今回の目玉は普段見る事が出来ないED301でしょう。

太平洋セメント藤原工場の入換機・ED301
110723-sg-ed301-001.jpg


改造を終えたED5082も展示。
110723-sg-ed5082-001.jpg

コンビを組むと思われるED5081はまだ改造中でしたが、見た感じだともうすぐ改造が終わりそうなので近いうちに貨物を牽引する姿が見られる事でしょう・・・・


今回のイベントの告知には601系引退時の写真が使われたため、今回も機関車と旅客車両を一同に並べるのかと期待してた部分もあっただけにちょっと残念な気もしますが、ED301を綺麗に記録出来ましたしホント訪れた甲斐があったと思います。
今回はゆっくり出来なかったので、また近いうちに三岐鉄道を訪れようかと思っています。


写真は全て2011年7月23日 保々
  1. 2011/07/24(日) 23:59:59|
  2. 三岐鉄道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

7月18日 小田急5000形・5063F

廃車が進む小田急5000形・5200形。
平日の朝以外は目撃する機会も減り、休日に沿線でカメラを構えてもなかなか撮影する事が出来ないと感じる今日この頃。

そんな中、朝起きてから色々な情報を収集したところ、5063Fが各停・本厚木行きに入ったという情報をキャッチ!

折り返しは準急運用なので、迷わず小田急ロケからスタート。

まずは、新百合より手前で撮影したかったので鶴川の先端へ。

準急運用に就く5063F
110718-5063-001.jpg
2011年7月18日 鶴川


鶴川からこの準急に乗車し、新百合からは準急の先を行く事に。
次はどこで撮るか迷いましたが、経堂で真正面から。

経堂駅に到着する5063F
110718-5063-002.jpg
2011年7月18日 経堂


経堂からデハ5013に乗車し新宿へ。

折り返しの時間にあらゆる角度から撮影し、快速急行で出発するのをお見送り。

新宿を発車した5063F
110718-5063-003.jpg
2011年7月18日 新宿


そして夕方、再び5063Fを撮影。

急行で新百合を下った5063F
110718-5063-004.jpg
2011年7月18日 新百合ヶ丘


4000形・4064Fが営業運転を開始した事により、更なる離脱が予想される5000形・5200形。
検査期限的に考えると次は5063Fだろうか??

朝の「各停」を撮れなかったのは残念ですが、今日1日で5063Fの「準急」「快速急行」「急行」を記録出来て良かったと思います。
  1. 2011/07/18(月) 23:00:10|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月3日 小田急10000形・HiSE

先日10041Fが離脱して、最後の1本となった小田急10000形・HiSE。

このところ運用から離れていた10001Fがこの週末から運用に復帰。

HiSE最後の1本・10001F
110703-10001-001.jpg
2011年7月3日 読売ランド前


そして、先日離脱した10041Fは、大野総合車両所の解体線で先頭車同士が向かい合う形で搬出待ち。
110703-10041-001.jpg
2011年7月3日 大野総合車両所

  1. 2011/07/03(日) 22:11:49|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。