PRECIOUS...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

10月23日 流鉄流山線

今日は久しぶりに流山線へ。

今年の5月に最後の3両編成「若葉」が引退し、先日5000系の3編成目が甲種された流山線。
TX開業後は苦しい状況に陥っていますが、西武顔の車両が次々消えていく寂しさはあるものの、車両の置き換えが進む現状は明るい話題でもありますね。

今日、運用に入っていたのは次々と消えていく西武顔の2編成でした。

元西武701系の「なの花」
111023-2000-n-001.jpg
2011年10月23日 鰭ヶ崎~平和台


元西武801系の「青空」
111023-2000-a-001.jpg
2011年10月23日 流山


4年前に2代目「流馬」が引退するまでは6編成全てが西武顔でしたが、今では2両編成の2編成だけが残るのみ。
今回入線した5000系・第3編成目は、2代目「若葉」の置き換えなのか?
それとも、「なの花」か「青空」が離脱するのだろうか??

平日朝ラッシュ時の現在の運用数を把握していませんが、予備を含めても4本あれば足りる気がするので、2000系の置き換えと考えるのが妥当でしょうか??


元西武新101系の3代目「流馬」と3代目「流星」
111023-5000-001.jpg
2011年10月23日 流山
すっかりこの顔も流山に馴染んでますね。


そして、先日甲種された5000系・第3編成。
流山駅に掲示されている「流鉄掲示板」によると来月6日の「流鉄の鉄道の日」にお披露目されるようです。

流鉄掲示板
111023-ryutetsu-001.jpg



まさかの「あかぎ」復活となった、整備中の5000系・第3編成
111023-5000-a-001.jpg
2011年10月23日 流山

2000系・3000系には受け継がれなかった「あかぎ」。
思いがけない復活になりましたが、なかなか似合っていますね。

営業運転は今までの流れから予想すると来春辺りでしょうか??
営業運転開始が楽しみですね。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/23(日) 21:59:25|
  2. 流鉄 (総武流山電鉄)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小田急5000形・5065F離脱

廃車が進む小田急5000形・5200形。

5000形・第5次車の5065Fが離脱し、大野総合車両所の解体線に入線しました。

解体線に入った5065F
111019-5065-001.jpg
2011年10月19日 大野総合車両所



5065Fの未公開写真から数枚。

今年の1月には「5000形10両さよなら運行」の4連口に充当された5065F。
初日の運行を終え、喜多見に回送される5065F・クハ5065
110129-5065-5065-001.jpg
2011年1月29日 和泉多摩川~登戸


急行運用に就く5065F
100605-5065-001.jpg
2010年6月5日 柿生~鶴川


昨年9月に出場して間もない頃・・・(以前アップした画像の別カット)
100926-5065-003.jpg
2010年9月26日 向ヶ丘遊園~生田


最後に相模大野に到着する5065F
110514-5065-001.jpg
2011年5月14日 相模大野


5065Fが離脱した事により、残る小田急顔は5000形・5063Fと5200形・5255Fの2編成のみ。

残り2編成には少しでも長く活躍してもらいたいと書きたいところですが、明日海老名で実施される「異常時総合訓練」で、例年通り踏切事故を想定した訓練にどちらかの編成が使われそのまま離脱を迎える事でしょう・・・・

小田急顔の活躍も本当にあと僅かになりましたね。
そろそろさよなら運転の発表があるのでしょうか??

お疲れ様、5065F。
  1. 2011/10/19(水) 23:27:39|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

廃車が進む西武新101系列・非ワンマン車の動向

30000系増備に伴い廃車が進む西武新101系列の非ワンマン車。

今年度増備の30000系は8連2本の16両ですが、先日今年度1本目の38110Fが甲種され、営業運転開始に向けて準備が進められています。

近々新101系列から離脱する編成が発生するのは確実。
いったいどの編成が離脱するのか??

離脱候補として真っ先に思い浮かぶのが、時折2+2+4の8連を形成している編成。

2+2+4の8連を形成し、小手指で休む281F+285F+241F
110911-281-285-241-001.jpg
2011年9月11日 小手指車両基地


気がつけば新101系の非ワンマン車のうち4連で残るのは241Fのみ。
4+4の8連が基本という時代に池袋線沿線に住んでいた私にとって、新101系の4+4が見れない時代になったってのは時代の流れと言う一言では片付けられない出来事です・・・・

厄介な存在に思える2+2+4の編成ですが、2+2の4連や、241F単独の4連で狭山線運用にも入るので、臨機応変に対応出来るこの編成は真っ先に離脱する事は無いのかも知れませんね。

狭山線の折り返し運用に就く241F
110924-241-001.jpg
2011年9月24日 西所沢


先月2+2の池袋寄りに連結されていた285Fが綺麗な姿に。
111016-285-001.jpg
2011年10月16日 小手指車両基地
綺麗な姿の新101系を見ると嬉しくなりますね。



今年度増備の30000系が新宿線に配属された場合や、池袋線から新宿線に転属する編成が発生した場合、新宿線に残る301系・311Fが離脱する事になるでしょう。

節電ダイヤが行われていた時までは休日の新宿線で3ドア10両を見る事が出来ましたが、節電ダイヤが終了してからは311Fが単独の8連で運行されている姿しか見ていません。

新宿線からの直通運用の後、狭山線の折り返し運用に就く311F
110917-311-001.jpg
2011年9月17日 西所沢

平日の新宿線に3ドア10両の定期運用があるのか定かではありませんが、30000系8連1本で311Fと295Fを淘汰出来るのであれば、今年度増備の30000系が1本新宿線配属になる可能性も高いと考えられます。
来年引退が決まってる伊豆箱根鉄道1100系の置き換えで導入される1300系の種車に2連のクモハも必要になるでしょうし・・・・・


池袋線所属の301系・301Fも気になる存在。
このところ、単独の8連で小手指に停まってる姿しか見ていません・・・

301F
111010-301-001.jpg
2011年10月10日 小手指車両基地


今年度増備の30000系16両に対して、2連2本・4連1本・8連1本の16両が離脱すれば、3ドア10両が3編成形成出来る状態になりますが、狭山線の運用を考えると、8連2本と新宿線の311Fが離脱すれば新宿線に配属している意味が無くなる295Fを含めた18両が離脱すると考えるのが一番自然でしょうか??


池袋線では休日ダイヤで新101系列の走行写真を撮るには絶望的な感じもするので、平日に訪れたいと思っていますが仕事との兼ね合いもあるので一体いつになるやら・・・・

最後にツートン271Fの画像を・・・・
111016-271-303-001.jpg
2011年10月16日 小手指車両基地

  1. 2011/10/16(日) 23:16:38|
  2. 西武|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

西武3000系 「999号」と「L-train」

今日は画像のみで・・・・m(__)m

保谷で並ぶ西武3000系 3011F・「999号」と3015F・「L-train」
111010-3011-3015-001.jpg
2011年10月10日 保谷
  1. 2011/10/10(月) 22:27:32|
  2. 西武|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キハ30@木更津

今日は簡単に木更津で撮影したキハ30の画像を。

久留里線に残る3両のキハ30。
現在は3両ともツートンカラーに戻され今尚現役で頑張っています。

キハ37・キハ38と並ぶキハ30
111008-30-37-38-001.jpg


キハ37が出庫したあとは形式写真を撮れる状況に。
111008-30-98-001.jpg


今日は3両とも運用に入っていなかったので走行写真は撮れませんでしたが、1枚の写真に3両のキハ30を入れる事が出来ました。
111008-30-001.jpg



関鉄に譲渡されたキハ35がこの3連休で最後ですが、関鉄に残るキハ100形2両と共に久留里線に残るキハ30には末永く活躍して欲しいものですね。

写真は全て2011年10月8日 木更津
  1. 2011/10/08(土) 22:45:33|
  2. JR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

西武トレインフェスティバル2011 in 横瀬

毎年この時期に開催される、西武鉄道のトレインフェスティバル。

今年は目玉が無い感じの事前発表でしたが、方向転換までして横瀬に廃回された101系・223Fのクハ1224が展示される事に期待し、片道2時間半掛けて横瀬へ。
クハ1224が展示されるのであれば、ツートンカラーに戻して展示してくれるに違いない。
しかし、それならば事前発表すれば大きな目玉として来場者が必ず増える。

期待と不安が交錯する中、横瀬到着寸前に車内からツートンカラーに戻されたクハ1224の姿が!

イベントオープンと共に、まずはクハ1224の展示場所へ。

ツートンカラーに戻されて展示されたクハ1224
111002-101-001.jpg

やっぱり101系はツートンカラーですね!
この姿を見れただけでも横瀬に足を運んだ甲斐がありました♪

願わくば客ドアの黒Hゴム化と、前面の通風口の復活を今後期待したいものです。


今年の臨時電車は30000系・38107Fが充当されました。
111002-38107-001.jpg



展示車両を簡単に・・・・

5000系・レッドアロー
111002-5000-001.jpg



モハ505
111002-505-001.jpg

101系が保存車両に加わった今、赤電が1両も居ないのは寂しく限りです。
保存車をどの時期の姿で保存すれば良いのかは一概には言えませんが、351系のまま保存して欲しかったとモハ505を見る度に思ってしまいます・・・


E31とE51
111002-e31-e51-001.jpg


E51にはスム201が連結されていました。
111002-e51-001.jpg



E851・ED10 2・E61
111002-e851-ed102-e61-001.jpg



今回、個人的にツボだったのがE43+ワフ105
111002-105-e43-001.jpg

モハ505との位置関係でE43側からまともな写真は撮れず、パンタが上がる前に辛うじてワフ側から撮影したものを・・・・

昭和50年代中頃までだったでしょうか??
白昼堂々、池袋線の所沢以東で旧型ELが牽引する貨物が運行されていました。
私の記憶ではE43・E44が充当される事が多く、時にはワフ1両だけを牽引する姿を見ているだけに、凄い懐かしく感じました。


101系が保存車に加わった事で、秩父線の主役(101系・5000系・E851)が揃いました。
2年前の秩父線開通40周年では101系が多摩川線に残るのみだったので、3年後の秩父線開通45周年の時には、是非101系・5000系・E851の並びを見てみたいものです。


写真は全て2011年10月2日 横瀬
  1. 2011/10/02(日) 22:51:34|
  2. 西武|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。