PRECIOUS...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1月28日 西武新101系・271F

数日前から新宿線所属の2000系初期車・2417Fが池袋線で運行しているとの事で、池袋線を走る2000系初期車を撮りたいと思い西武池袋線へ。

見たまま情報が一切無かったのでとりあえず小手指へ向うと、2417Fは単独の2連で小手指車両基地に。
一応撮影はしたものの、奥地から300m以上離れた場所に停まっていたため、まともな写真も撮れず・・・

2417Fの撮影を諦めて小手指駅に向っていると、小手指止まりの準急に271F+309Fの3ドア10両が充当!

小手指の引き上げ線に停車中の271F
120128-271-001.jpg
2012年1月28日 小手指

折り返しまで時間があるので先行するのも可能でしたが、小手指駅入線を撮る事に。

小手指駅に入線する271F
120128-271-002.jpg
2012年1月28日 小手指

池袋線所属だった301Fが離脱し、新宿線所属だった311Fが離脱→303F新宿線転属に伴い、現在池袋線に残る301系は309Fの1本のみ。
流石に2+2+2+4の10連を形成するとは思えないので、池袋線では3ドア10両が事実上1編成しか組めない現状。

そんな状況の中で、休日に3ドア10両が走ってるなら予定を変更してでも、もう1カット撮りたいと思い、以前から271Fを撮りたいと思ってた場所へ。


保谷~ひばりヶ丘間のカーブを行く271F
120128-271-003.jpg
2012年1月28日 保谷~ひばりヶ丘

本当はもうちょっと引いた構図で撮りたかったのですが、この直後に「L-train」に被られてしまいました。。。。

今日の目的だった2417Fの走行写真は撮れませんでしたが、271Fの走行写真を久しぶりに撮れただけでも池袋線まで足を運んだ甲斐がありました♪
スポンサーサイト
  1. 2012/01/28(土) 23:57:39|
  2. 西武|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ふた昔前の小田急 「80年代後半・東北沢」

5000形・5063Fのラストランまで50日弱。
伝統の小田急顔に終わりを告げる時が刻一刻と迫ってきています。

3月頃に小田急顔の特集記事をいくつか書こうと思い、時間がある時は昔撮影した小田急の写真をPCに取り込んでいる今日この頃。

今日はその中から80年代後半に東北沢で撮影した写真を、3月頃の特集記事の前にちょっとだけ公開したいと思います。


2600形・下り各停と4000形・上り各停
198x-2654-4256-001.jpg
80年代後半・東北沢

2600形・2654Fと4000形・4256F
複々線化工事に伴い、現在は東北沢での退避は無くなりました。
以前は、日中は必ず各停が東北沢で優等列車の退避をするために長い時間停車していましたね。。。


9000形・5200形・2600形
198x-9000-5200-2600-001.jpg
80年代後半・東北沢

下りホームに停まっているのは、1枚目の写真の2654F。
上りホームには9000形が停車し、その横を5200形を通り過ぎたところ。

この2枚だけでも、下り列車が停まってた時間の長さがわかりますね。

東北沢駅のこの風景も既に過去帳入りしていますが、複々線化が完了すれば東北沢駅は地下に潜ってしまいます。
撮影当時は、将来東北沢駅が地下に潜るなんて想像もしていませんでした。

この2枚に写ってる2600形・4000形・5200形・9000形が既に全廃。

時の流れはホント早いものですね・・・・
  1. 2012/01/27(金) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月22日 江ノ島電鉄

今日は7年ぶりに江ノ電へ。
前回訪れた7年前は江ノ電を少しは撮影したものの、その時は江ノ電を撮りに訪れた訳ではなかったので、本格的に江ノ電の撮影をするのが今回が初めてでした。


午前中は用事があったため、午後から湘南に向かい藤沢に到着したのが14時過ぎ。
元々江ノ電を訪れる予定が無かった事もあり、とりあえず撮影地として思いついた江ノ島~腰越間の併用軌道区間で撮ろうと思い江ノ電ホームへ。

やって来たのは2000形+1000形の4連。
しかも1000形は江ノ電オリジナル塗装の1001編成。

予定を変更して釣り掛け音に揺られ、20数年ぶりに藤沢~鎌倉間を乗り通してから江ノ電ロケをスタート。


江ノ島駅や併用軌道区間でも撮影しましたが、今日は鎌倉高校前で撮影した画像の中から主に1000形の画像をアップしようと思います。

江ノ島~腰越間の併用軌道区間で撮影した後は、以前から訪れてみたかった鎌倉高校前駅へ。


1000形・新塗装の1201編成
120122-1201-002.jpg



嵐電カラーの1502編成
120122-1502-001.jpg


嵐電カラーは思った以上に良い感じです♪

江ノ電の有名撮影地でもある鎌倉高校前駅。
定番?の構図とは反対の構図もなかなか良いですね。


そして定番?の構図で撮影した江ノ電オリジナルカラーの1001編成
120122-1001-001.jpg


2年程前に1000形登場30周年を記念して登場時の塗装に戻った1001編成。
普段江ノ電と縁の無い生活をしているだけに、懐かしいというより江ノ電といったらこの色だなぁ~って思ってしまいます。

歩道が狭い事や、思いっきりパンタが上がってる事もありバランスが取り難い・・・・
またの機会にリベンジしたいところです。。。。


最後に、江ノ電といったら300形を撮らなければ江ノ電ロケを終われません。

登場から半世紀を越えている300形・305編成
120122-305-001.jpg


今回は乗る事が出来ませんでしたが、床が板張りのまま残る300形には是非乗りたいものです。


江ノ電というと旧型車がいっぱい走ってた頃のイメージが強い事もあり、今の江ノ電に面白さを感じなく思えるので、なかなか足を運ばずに時が過ぎてしまいました。

しかし、久しぶりに江ノ電を訪れてみると、これは面白いと今更ながら実感する始末(汗

今回は時間的にあまり撮影出来ませんでしたが、地元小田急から使い勝手の良いフリーきっぷも発売されている事だし、近いうちにゆっくりと江ノ電を訪れたいと思います。


写真は全て2012年1月22日 鎌倉高校前

  1. 2012/01/22(日) 23:43:04|
  2. 私鉄|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東急8500系・8614F 「早春の伊豆号」運行中

東急8500系・8614Fを使用する「伊豆のなつ」と共に恒例となった「早春の伊豆」号が今季も運転されています。

8614F「早春の伊豆号」
120105-8614-001.jpg
2012年1月15日 江田

今季は伊豆急行開業50周年に伴い、ヘッドマークには現在伊豆急車に貼られているステッカーと同じロゴが入っています。

また、側面の伊豆をPRするステッカーの中に、伊豆急開業50周年の目玉とも言える100系復活の写真も。
120105-8614-002.jpg



8614Fの「早春の伊豆号」は4月1日まで運行されます。

120105-8614-004.jpg
2012年1月15日 二子新地
  1. 2012/01/15(日) 23:53:37|
  2. 東急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

小田急5200形・5255F解体線へ・・・

一昨日の運用を以って引退した小田急5200形・5255F。

3月の5063F引退時まで解体せずに、5063Fと共に最後を飾って欲しいと思っていましたが、残念ながら本日クーラーキセ等を外された姿で新宿寄り2両が大野総合車両所の解体線に入線しました。

解体線に入った5255F
120110-5255-001.jpg
2012年1月10日 大野総合車両所

通常、4連の場合は4両まとめて解体線に入線しますが、今回は分割され新宿寄りの2両のみが先に解体線へ。

6連20本が製造された5200形も、5255Fの離脱により全廃。
5251Fの竣工日が1978年1月9日ですから、34年と1日で5200形の歴史にピリオドを打ちました。

6連のまま最後まで残った5268Fが引退したのが約1年前。
5255F・5256F・5258Fが4連化されてからの数年間は稀に5200形同士の10連を見る事が出来、今思うと5200形が日常運用の中で一番輝いたのが5200形同士の10連だったのかも知れませんね・・・

5255Fが5200形同士の10連を形成した時の記録。
090812-5255-001.jpg
2009年8月12日 柿生


最後に6連時代の5255Fの未公開画像を1枚。
070623-5255-001.jpg
2007年6月23日 相模大野~小田急相模原

お疲れ様5255F。
そして、ありがとう5200形。
  1. 2012/01/10(火) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ふた昔前の小田急 「海老名で並ぶ5200形・8000形」

小田急5200形・5255Fが定期運用を終え、残る小田急顔は5063F1本だけに。

5200形も5000形でありますが、数々の書籍で記されているように5200形は新たに車両認可を受けた事もあり5200形として扱われていました。
5255Fの引退により消滅した5200形。
5000形・5063F以降の貫通扉の凹みが浅い顔に、9000形から継承した側面の一段下降窓で登場した5200形は小田急顔の完成形と言えるでしょう。

そんな5200形も定期運用から撤退。
時代の流れとはいえ、5200形の引退は何とも言えぬ寂しさがあり、3連休最終日は某所へ行ったものの、もう少し余韻に浸ろうかと思いちょっと懐かしい写真を・・・・・

5200形・5259F?と8000形・8262F
198x-5200-8262-001.jpg
80年代後半・海老名

5200形は5259Fでしょうか??
車番が読み取れませんが、80年代に撮影した写真なので5200形も8000形も当然更新前。

小田急顔が引退すれば、最後のアイボリー塗装の8000形が注目を集める事になりそうですが、その8000形も更新が進み6連の幕車は全滅。

当時としては何一つ珍しくない光景ですが、今となっては貴重な記録ですね。

デジカメが主流の今では撮影枚数を気にしないで撮影出来るだけに、日々の記録を大切にしたいと改めて思う次第です。
  1. 2012/01/09(月) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

小田急5200形・5255F 運行最終日

6連20本・120両が製造された小田急5200形。
4連化され最後まで残ってた5200形最後の1本・5255Fが本日の運行を以って引退しました。

運行最終日の5255Fは相模大野から出庫。

朝の江ノ島線運用は起きた時間が遅かった事もありパスして、昨日のリベンジをするために酒匂川へ。


今日の午前中は晴れていた事もあり、折角なので富士山を入れた構図で撮影。

富士山と5255F
120108-5255-001.jpg
2012年1月8日 新松田~開成

富士山を入れて撮影したものの撃沈(汗
慣れない事をするものじゃないですね・・・・


折り返しは、昨日公開出来ない程の駄作に終わった御殿場線との連絡線付近でリベンジ。

120108-5255-002.jpg
2012年1月8日 渋沢~新松田

この後は別の場所へ移動するつもりでしたが、恐らくどこへ行っても人が多いでしょう・・・
小田急線の最長区間でもある渋沢~新松田間は多くの撮影スポットがあるだけに、素直にこの区間のどこかで撮ろうと思い川音川へ。

5255Fにとって最後の急行・小田原行き
120108-5255-003.jpg
2012年1月8日 渋沢~新松田


そして折り返しも同じ場所で撮影。
120108-5255-004.jpg
2012年1月8日 渋沢~新松田


折り返しの藤沢行きを新百合辺りで撮影しようかと考えましたが、時間的に撮影出来る構図は限られている上に恐らく多くの人が集まるでしょうから、このカットで5255Fの撮影は終了しました。

5255Fの引退により、5200形は消滅してしまいました。
明日以降、すぐに大野総合車両所の解体線に入るのでしょうか??

個人的には5063Fと4+4の8連で最後を飾って欲しいだけに、今日は「お疲れ様・5255F」とは言いたくありません・・・・


でも、ひと言だけ言うとしたら「ありがとう・5200形」って感じですかね。。。。

最後に5255Fを大野総合車両所の解体線で撮影する前に、もう一度最後の活躍を見たいと願いながら5255F運行最終日の記事を書き終えたいと思います。
  1. 2012/01/08(日) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

明日で運行終了。小田急5200形・5255F

先日、小田急の公式ホームページで5255Fが1月8日をもって引退すると発表されました。
5063Fと共に3月16日まで運行すると思ってただけに、突然の引退発表は残念です。。。

私が撮影出来るチャンスは今日・明日しか無いので、予定を白紙にして5255Fの最後の記録をする事に。

どこで撮るか迷いましたが、あまり撮影していない新松田以西で撮影しようと思い、まずは相模大野から5255Fに乗車し新松田へ。

新松田駅を発車する5255F
120107-5255-001.jpg
2012年1月7日 新松田

明日は乗らずに撮影に徹するつもりなので、相模大野から新松田までの乗車が最後の乗車になるでしょう・・・・
これが5200形に乗る最後かぁ~っと思っていると、新松田までの約45分はあっという間でした。

折り返しを栢山~富水間で撮影するも撃沈。

気を取り直して新松田界隈へ。

以前から訪れてみたかった酒匂川へ。

酒匂川を渡る5255F
120107-5255-003.jpg
2012年1月7日 新松田~開成

ここでも撃沈でしたが、何とか見れる写真を・・・・・
120107-5255-004.jpg
2012年1月7日 新松田~開成

架線柱の処理が全然出来てませんが、これでも唯一まともに見られる写真なので最後なので・・・・

そして、折り返しも新松田界隈で撮影しましたが、これまた撃沈。。。

結局、満足出来る写真は1枚も撮れずに終了。

明日は泣いても笑っても最後なので、最後くらいはビシっと決めたいところです・・・
  1. 2012/01/07(土) 23:18:03|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月3日 小田急5000形・5063F

まず始めに、年明け最初の記事になりますが喪中のため新年の挨拶は控えさせて頂きますm(__)m


さて、2012年が幕を明けて3日経ちました。

今年は3月に小田急5000形・5200形の引退により、遂に小田急から長年親しまれていた小田急顔が姿を消してしまいます。

長年小田急線沿線に住む私にとって、空気の様だった小田急顔も残るは2編成のみ。

思い入れが強い小田急顔の最後の活躍を1枚でも多く記録したいところです。


今日は5000形・5063Fと5200形・5255Fが共に優等運用に入っていましたが、沿線に出たのは15時頃でした。

残された2ヶ月ちょっとの期間は、出来るだけ思い出の場所で撮りたいと言う気持ちで某所へ向いましたが、車内から某撮影地を見るとすでに先客が。
そこで、急遽撮れそうだと思った遊園の先端を訪れて見ると、信号機が邪魔になり思っていた構図では撮影は不可能。
しかし、更に移動する時間が無かったので遊園の先端で5063Fを撮影。

向ヶ丘遊園を通過した5000形・5063F
120103-5063-001.jpg
2012年1月3日 向ヶ丘遊園

思ってた構図で撮影出来ませんでしたが、これはこれで初めて撮影する構図で小田急顔を記録出来たと思えば個人的には良い記録になったと思います。

折角なので折り返しも撮影する事に。

時間的に少しでも藤沢寄りで撮影したかったので江ノ島線へ。

多少暗くてもホームが明るい大和へ行ってみるも、下りホーム新宿寄り先端には先客が。
そして、藤沢寄り先端にも先客が居らしたので、ちょっと下がった所で撮影。

画質を優先すると感度を上げ過ぎたくないので、ギリギリのところで撮影するもやはり撮影条件は厳しすぎました・・・

大和駅に入線する5063F
120103-5063-002.jpg
2012年1月3日 大和

痛恨の失敗作ではありますが、今日アップしないとこんな画像は永遠にお蔵入りなのであえてアップします。

残された短い期間。
1枚1枚の記録を大切に、そして条件が悪くても成功出来るように頑張って1枚でも多く記録したいところです。
  1. 2012/01/03(火) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。