PRECIOUS...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ふた昔前の小田急 「4000形と4000形に関わった車両達」

5000形の引退で小田急顔が消滅した小田急電鉄。

小田急顔消滅を機にネット上では色々と小田急顔の画像がアップされていますが、中でもイベント等が行われずにひっそりと引退した4000形の画像をアップされる方が多く見られます。
華やかな引退では無かったものの、小田急の歴史を語る上で絶対外せないであろう4000形。


そこで私も4000形の画像をアップしたいと思いますが、ただ4000形の画像を並べるのでは無く、4000形に関わった車両達の画像を含めてアップしようと思い、80年代後半から90年代初頭に掛けて撮影した未公開写真を中心に選んでみました。


昭和41年に誕生した4000形の釣り掛け・非冷房時代。
120327-1987-4000-001.jpg
1987年 相模大野~東林間

4000形はHB車・ABF車の機器を流用し、当時の最新鋭だったNHE車・2600形と同一の車体で製造されました。

開業当初から小田急線に関わった車両の部品と当時の最新鋭だった2600形の車体という、いわば当時の集大成とも言えるデビューを飾った4000形。

4000形に機器を流用したHB車
120327-199x-1400-1300-001.jpg
1990年頃 海老名

手元の資料によると、1300形の機器が流用されたという文面と1300形からは流用されていないという文面があるのでどちらが正しいのかはわかりませんが、画像左の1400形からは機器が流用されています。

そして、直接的なかかわりというとちょっと違うかも知れませんが、2600形と同一車体という事で2600形の写真を。
120327-198x-2600-001.jpg
80年代後半 代々木八幡

4000形に転機が訪れたのは1985年。
非冷房・釣り掛けから冷房・高性能化されるにあたって、中型車の2400形から機器を流用し高性能化。

4000形の高性能化に際し機器を流用した2400形
120327-198x-2400-001.jpg
80年代後半 栢山~富水

そして、高性能化された4000形。
120327-199x-4000-001.jpg
1990年頃 和泉多摩川~登戸


引退時はひっそりと消えた4000形ですが、4000形の歴史は小田急線を語る上で絶対外せないものであり、1両も保存される事無く全車解体されたのは本当に勿体無いと思いますが、きっとこれも想いは、引き継がれているのでしょう・・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/03/27(火) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

流鉄5000形 2代目「あかぎ」

流鉄5000形の第3編成・5003Fが去る14日にデビューし、運行開始を記念したヘッドマークを掲げて運用に入っています。

2000形・3000形には受け継がれなかった「あかぎ」の愛称でデビューした5003F
120325-5003-001.jpg
2012年3月25日 流山

運行開始記念ヘッドマーク
120325-5003-002.jpg


1300形以来、久しぶりの復活となった「あかぎ」
濃い赤色にブラックフェイスはなかなか渋いですね。

今年1月。営業運転に向けて整備中の「あかぎ」
120109-5003-001.jpg
2012年1月9日 流山

流鉄の在籍編成5編成のうち5000形が3本になり、流鉄の主役に躍り出た元西武新101系。
流鉄から西武顔が消えていくのは寂しいですが、最近の地方私鉄への譲渡は4ドア・ステンレス車が主流になっているだけに、西武新101系が次々増備されるのは嬉しい事ですね。

流鉄5000形3編成の並び
120325-5000-001.jpg
2012年3月25日 流山
  1. 2012/03/25(日) 23:59:59|
  2. 流鉄 (総武流山電鉄)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

THE LAST GREETING

本日は小田急線海老名電車基地で開催された、5000形・10000形・20000形お別れイベント「THE LAST GEETING」へ。

正直、この手のイベントは好きではありませんが、5000形・HiSE・RSEにとって最後のイベントだけに、行かずにはいられない・・・

5000形・5063Fは、「急行 箱根湯本/片瀬江ノ島」表示
120324-5063-001.jpg

こういう写真はイベントでしか撮影出来ない構図ですね。

デハ5013
120324-5063-002.jpg


クハ5063側から。
120324-5063-003.jpg


近年引退した車両の中では、何もイベントが開催されずに引退した4000形に次いで地味な引退になった感じの5000形。
コーポレートマークが外されたり、ラストランのステッカーは貼られましたが、2600形や9000形の引退時と比べるとちょっと寂しい引退に思えます。。。
まぁ、今回は3形式同時引退なので、仕方無いのかもしれませんが・・・

5000形は比較的撮りやすい感じでしたが、HiSEとRSEは人が入らないように撮影するのが困難な状況。

午後から晴れて暖かくなるという予報を信じて傘を持たずに軽装で出掛けたのが失敗したようで、雨が降り出し寒い中で人が入らない状況まで待機する気力がありませんでした。。。

HiSEとRSE
120324-hise-rse-001.jpg

傘とチビっ子が入り込んでいますが、ここまで人が居ない状況になるまで何分待ったことか・・・・


最後にイベントを開催してくれた事に関しては非常に嬉しいのですが、純粋に撮影したい人が多いって事を考慮して欲しいとこの手のイベントではいつも思います。
撮影タイムを設けるとか、3形式が綺麗に並んでいる新宿寄り先頭車付近を立入禁止にするなど・・・・

人が居ない状況で撮影したいと思っている人が、カメラを構えたままシャッターチャンスを狙っている時間が本当に多い。
今日は天気が悪かった事もあり車両展示コーナーには並ばずに入れましたが、人の流れをスムーズにするためにも今後は何らかの改善をして欲しいですね。。。。

写真はすべて2012年3月24日 海老名
  1. 2012/03/24(土) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

小田急7000形・LSE 7003F

日車出場時に展望席の窓枠が銀色に戻されたLSE第3編成。
塗装もバーミリオンオレンジに変更され、第4編成より懐かしい姿になりました。

多摩川を渡る7003F
120320-lse-001.jpg
2012年3月20日 和泉多摩川~登戸


  1. 2012/03/20(火) 23:34:02|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ふた昔前の小田急 「3000形・SSE あさぎり」

「あさぎり」が連絡急行から特急に格上げされた時にSSEを置き換えたRSEもデビューから僅か21年で引退。

今日、御殿場線内でMSEの「あさぎり」を目撃しましたが、やはりまだ違和感があります。
しかし、RSEの「あさぎり」に違和感を感じなくなったように、次第にMSEの「あさぎり」にも慣れてくるのでしょう・・・・

それなりの年齢を重ねた世代にとっての「あさぎり」は、やはりSSE時代だったと思います。

当時を知る方々には懐かしさを・・・
そして、当時を知らない若い世代の方々にはこんな時代があったと思って頂ければ・・・・・

「あさぎり」運用に就く3000形・SSE
120318-198x-sse-001.jpg
1987年頃 梅ヶ丘~豪徳寺

SSEも、高架複々線化以前の梅ヶ丘~豪徳寺間も、上り列車の小田急顔も既に過去のものですね・・・・
  1. 2012/03/18(日) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

想いは、引き継がれる。

ありがとう。10000形・HiSE
120311-hise-002.jpg
2012年3月11日 相模大野~小田急相模原


ありがとう。20000形・RSE
110503-rse-001.jpg
2011年5月3日 和泉多摩川~登戸


ありがとう。5000形
120311-5063-003.jpg
2012年3月11日 渋沢~新松田
  1. 2012/03/16(金) 22:46:19|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

小田急5000形 明日ラストラン

長年親しまれていいた小田急顔も、明日を以って引退。
今日は明日ラストランを迎える5000形の画像を。

明日ラストランを迎える5000形。
120206-5063-001.jpg
2012年2月6日 新松田

最後まで残ったのは5063F。
車体修理後の5000形(4連)の中で、異彩を放ってたいた編成でした。

5000形は大きく分けると5062Fまでの貫通扉の凹みが深い従来の小田急顔と、5063F以降の貫通扉の凹みが浅い小田急顔がありましたが、細かく見るとバリエーション豊かな形式でしたね。

まずは白幕時代の5000形の写真を2枚ほど。

新松田~小田原間の折り返し運用に就く5052F
198x-5000-5052-001.jpg
80年代後半 栢山~富水


貫通扉の凹みが深い最後の編成・5062F
1990-5000-5062-001.jpg
1990年 百合ヶ丘~新百合ヶ丘
側面に貼られているのは「SURF'90」のステッカー。


種別幕が白地で方向幕が黒地の編成も・・・・・
新百合ヶ丘を発車した5058F。
198x-5000-5058-002.jpg
80年代後半 新百合ヶ丘
種別幕が白地で方向幕が黒地の未公開写真はこんなのしかありませんでした。。。。


スカートの丸穴が特徴だった5060F
050213-5000-5060-001.jpg
2005年2月13日 百合ヶ丘~新百合ヶ丘
急行・箱根湯本行きも既に懐かしさを感じます。。。。。


コーポレートマークが貼られた時は正直ガッカリしましたが、見慣れるうちに何とも思わなくなりました。。。。

コーポレートマークが貼られた姿の5053F
100605-5053-001.jpg
2010年6月5日 柿生

小田急と言えばこの顔。
しかし、いつまでもそんな時代は続きません。

明日で小田急顔が消滅するのは本当に寂しいですが、思いは、引き継がれる・・・・

あと1日、最後まで残った5063Fには無事に走り抜けて欲しいと思います。
  1. 2012/03/15(木) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

小田急ロマンスカー20000形・RSE ラストランまであと2日

ダイヤ改正で消滅する小田急の3形式。
昨日のHiSEに続き、今日はRSEの画像を。


あと2日でラストランを迎えるRSE
090921-rse-001.jpg
2009年9月21日 町田


川音川を渡るRSE
120311-rse-002.jpg
2012年3月11日 渋沢~新松田


雪の中を走るRSE
110211-rse-001.jpg
2011年2月11日 読売ランド前


ロマンスカーで唯一の存在だった2階建て車両
120219-rse-001.jpg
2012年2月19日 和泉多摩川~登戸
スーパーシートは10年程前に1度だけ乗っただけでした・・・・


最後に富士山をバックに走るRSE
120108-rse-001.jpg
2012年1月8日 新松田~開成

歴代ロマンスカーの中では異色な存在としてデビューしたRSE。
デビューから21年での廃車は早過ぎます。。。
富士急行への譲渡話もあるようですが、まずはラストランまで無事に走り抜いて欲しいと思います。
  1. 2012/03/14(水) 23:35:00|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小田急ロマンスカー10000形・HiSE ラストランまであと3日

ダイヤ改正を以って引退する小田急、HiSE・RSE・5000形のラストランまであと3日となりました。

今日は引退する3形式の中からHiSEの写真を何枚か・・・・

ラストランまであと3日の10000形・HiSE
120108-hise-001.jpg
2012年1月8日 渋沢~新松田


川音川を渡るHiSE
120311-hise-001.jpg
2012年3月11日 渋沢~新松田


雪の中を走るHiSE
110211-hise-001.jpg
2011年2月11日 読売ランド前


最後に、1988年。
ブルーリボン賞受賞記念のステッカーを掲げて走るHiSE
120313-1988-hise-001.jpg
1988年 経堂

あと3日。
最終運用まで無事走り抜けて欲しいですね。
  1. 2012/03/13(火) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月11日 小田急5000形・5063F

3月16日にラストランを迎えるHiSE・RSE・5000形にとって最後の週末となった今日。
3形式とも今まで幾度と無く乗車しているので、最後の週末は撮る方に専念すると最初から決めていました。

しかし、やっぱ最後に渋沢~新松田間を走る5000形に乗りたいと思い、まずは5063Fの急行・小田原行きに乗車。

渋沢~新松田間は小田急線の最長区間でありますが、左右に大きく進路を変えるだけでなく、トンネルや幾つもの川を渡る小田急線内で一番魅力がある区間ではないでしょうか??
そんな渋沢~新松田間を5000形で乗るのは今日が最後だと思うと、ちょっと寂しく感じます。

新松田駅を発車する5063F
120311-5063-001.jpg
2012年3月11日 新松田

折り返しは渋沢~新松田間で駅からもそう遠くは無い川音川で撮影。

川音川を渡る5063F
120311-5063-002.jpg
2012年3月11日 渋沢~新松田

晴れていれば富士山と一緒に撮影出来る場所ですが、生憎の天気だったのでこの構図を選びました。


新宿からの折り返しは酒匂川で撮るつもりでしたが、雨が降ってきたので場所移動。
時間的に本厚木まで行ける感じでしたが、誰も居なかった愛甲石田で下車。


愛甲石田駅を発車した5063F
120311-5063-004.jpg
2012年3月11日 愛甲石田


小田原からの折り返しは地元で撮影したものの、18時を越え撮影条件は悪く失敗に終わりました・・・・
ラストランのステッカーが掲出されてから初撮影となった今日。
ラストランまでに乗る機会もあるかも知れませんが、確実に乗れたり撮ったり出来るのは今日が最後。

最後まで無事に走り抜いて欲しいと思います。

5000形に掲出されたステッカー
120311-5063-005.jpg



さて、本日3月11日は東日本大震災から丸1年。
小田急でも列車一旦停止訓練が行われました。

14時46分。
私が居た松田町ではサイレンが鳴り、黙とうを促すアナウンスが。
そして、川音川を渡りきったところで3268Fが1分間停止。

14時46分、川音川を渡ったところで停止した3268F
120311-3268-001.jpg
2012年3月11日 渋沢~新松田

改めて、東日本大震災におきまして被害にあわれた皆様とご家族の方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、
一日も早い復興をお祈り申し上げたいと思います。
  1. 2012/03/11(日) 23:59:59|
  2. 小田急|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月5日 三岐鉄道101系

ちょっと久しぶりの更新になりますが、先週の土曜日から2泊3日で名古屋方面に行ってきました。
天気が崩れるのを承知で直前に遠征計画を立て、どこまで天気がもってくれるか・・・
って感じでしたが、日曜の午後から雨が降り出して三岐鉄道を訪れた月曜日は朝から大雨でした。

雨が多少弱まるのを待ってからホテルをチェックアウトし、近鉄富田に到着したのは9時ちょっと前。

近鉄富田駅に停車中の101系・105F
120305-sg101-001.jpg
2012年3月5日 近鉄富田

この日乗車した近鉄富田9時11分発の西藤原行きは、思い起こせば601系・607Fが活躍していた頃は良く乗った運用です。
この運用に607Fが入ってなければ、保々に着いた時点で607Fの運用を把握出来たのを覚えています・・・・
早いもので607Fの引退から3年が経ちましたね。

1日乗り放題パスを購入したものの、雨が降っているので851系と751系の西藤原方先頭車に掲げられている「梅まつり」のヘッドマークも、三岐線のもう一つの顔でもある貨物輸送も撮影せずに西藤原を往復するだけに・・・・

西藤原に停車中の101系・105F
120305-sg101-002.jpg
2012年3月5日 西藤原

何気に西藤原まで乗車したのは久しぶりかも知れません。
いつもは、途中で降りて写真を撮っていますし・・・・

今回は消化不良的な訪問でしたが、近いうちにまたゆっくり訪れたいと考えています。
  1. 2012/03/09(金) 23:12:40|
  2. 三岐鉄道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。